感染が怖い季節

インフルエンザ 介護

インフルエンザが流行しているようですね。

今朝は女の子がインフルエンザ脳症で亡くなったという、痛ましいニュースを見ました。

ウイルスを持ち込まない

介護施設もこの時期は、施設内で感染を広げないよう、かなり気を付けています。

特に外から病気を持ち込まないように、施設に出入りする人は手の消毒とマスクが必須に

なります。

今年はインフルエンザの流行が早くから始まったので、いつもよりもピリピリしている

ようです。

予防接種も全員が受けていますが、感染しないというわけではないですから。

まずは、持ち込まない、これに付きます。

そしてインフルエンザだけでなく、ノロウイルスなどの感染性胃腸炎も要注意です。

感染性胃腸炎の感染力って、すごいですからね。

私も義母からうつってしまい、大変な思いをしたことがありました。


感染力が半端ない感染性胃腸炎

義母がケアハウスにいた頃、1月の後半でした。

施設から「義母さんが吐き気がして食事が食べられない。医者に連れていってください」と

連絡がありました。

ケアハウスは基本的に、通院は自分で行くか、家族が連れて行かなくてはいけません。

電話では「施設で感染性胃腸炎が流行っているので、気を付けて来てください」とも

言われました。

私はとにかく気を付けて、施設に入る前からマスクをし、あちこちに置いてある消毒液で

通過するたびに何度も手を消毒し、義母を内科に連れて行きました。

通院先でも何度も消毒しましたし、帰るまでマスクをしていました。

が。

義母をケアハウスに送り届けてから6時間後。

ひどい悪寒と激しい腹痛、嘔吐と下痢に襲われました(泣

あんなに気を付けたのに・・・

しかもその3時間後には、オットもダウンしていました。

復活するまで1週間、あんなにひどいのはもう経験したくないです。

いろいろ心配。

もちろん施設でもすごく気を付けて、ウイルスを持ち込まないよう努力しています。

それでも人の出入りが多いと、入ってしまうんですね。

今いる施設でもインフルエンザが流行したことがあり、これ以上持ち込まないように

家族も訪問を控えるようにと連絡がきたことがありました。

こういう時、介護付き高齢者住宅だと手厚くお世話してくれるので、助かります。

義母いわく、「(入居してから)誰も死なないわ!」だそうで(笑)

かなり住み心地はいいようです。

高いからねー・・・義母のお金、もつかしら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント