施設退去と、市役所での手続き

死亡届 介護

先週は義母が亡くなり、怒涛の一週間でした。

亡くなったのは夜で、色んな検査や手続きがあり、解放されたのが夜中近く。

夕食も食べていなかったので、オットと2人でお店に入り、「なんだか、まだ信じられない」と言いつつ

のろのろと食事をしました。

あれからまだまだ手続き関連が続いています。

介護施設からの退去

お葬式が終わり力が抜けてしまっていましたが、義母が入っていた施設からの退去をしなくてはいけません。

息子たちと4人で荷物を引き上げてきました。

  

義母の洋服や身の回りのものは、まず私たちと同居する時にかなり減らしてもらって、うちにやってきました。

そして、ケアハウスに入居する時にもかなり減らして引っ越しをしました。

2年後、今の介護付き高齢者住宅に入る時にも、必要ないものを減らしました。

ケアハウスと違い、持ち込めないものも多かったので。

結果的に断捨離ができていて、今回もなんとか軽自動車2台に詰め込んで帰ってきました。

  

大量のオムツや防水シーツは、施設に引き取ってもらいました。

ガッチリした手すり付きの椅子と、大型のシルバーカーも処分するしかなく、持ち出すのも大変だったので、

施設や系列の介護施設で使ってもらうことにしました。

義母の希望で設置していた冷蔵庫は、今我が家の廊下に鎮座しています。

タンス3つもあるし、さて、どう片付けようか。

図解 身内が亡くなった後の手続きがすべてわかる本 2021年版 (別冊エッセ)

新品価格
¥1,100から
(2020/9/30 00:37時点)

市役所のおくやみコーナー

市役所にも手続きに行ってきました。

死亡届や火葬許可証などは、葬儀の前に葬儀社が手続きを済ませてくれています。

今回は後期高齢者医療保険証、印鑑証明カード、介護保険証、介護負担割合証を持って行きました。

義母のマイナンバーカードは作っていなくて、通知カードを持って行きましたが、これは特に手続きはなく、

処分すればいいと言われました。

年金だけは年金事務所に電話をして、書類を送ってもらわないといけないようです。

市役所もこれですぐに終わりというわけではなく、介護保険料の残りや住民税の残りはこのあとに

振り込み用紙が送られてきて、支払いをするそうです。

逆に還付されるものがあったり、まだまだ終わるまで時間がかかりますね。

おくやみコーナー(死亡に伴う各種手続きの窓口)があって、すべてそこで済ませることができて

助かりました。

ゆっくり悲しんでいる間はなかった

うちの場合、もう施設に入っていたし、突然だったとは言えある程度の覚悟も準備もしていたので、

なんとかやって来れた感じです。

それでも、遺体の引き取りやお葬式の契約、打ち合わせ、喪主、そして施設の退去など、オットはゆっくりと

義母の死を悲しむ時間もなかった気がします。

死後の煩雑な手続きが、もう少し簡単に、そして時間に余裕があればなと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント