義母のお金の管理の仕方

介護費用 介護

蒸し暑くてイヤになりそうですが、長いことほったらかしにしていた義母の家計簿を整理しました。

しました、じゃなくて「しているところです」ですね。

溜め込み過ぎました(反省)

来たるべき相続に備えて

以前にも書きましたが、施設に入ってからは義母の通帳、印鑑、年金手帳や保険証など、重要なものは

私が預かって管理しています。

義母の家計簿
と言っても、義母がつけていた家計簿のことではなく、義母にかかるお金の明細表の話。通帳も印鑑もすべて私が預かって、管理しています。収支の記録は完璧に。家計簿とは違って(笑)義母にかかるお金は本人の年金で義母がケアハウスに入る時に、お...

義母のお金は義母の生活に必要なものだけに使い、そのすべてを記録しています。

ちょうど部費や子ども会、自治会の会費の管理のような感じでしょうか。

ほかのことには一切使っていませんよ、の証明になるようにの記録です。

義母がもしもの時に、オットの兄弟から文句が出ないようにしたいから。

経験上、相続って揉めますからね。

介護をしている当事者は、何にどれくらいの費用が必要かわかっているけれど、積極的に関わらない人は

それがわからず、想像よりも残った金額が少ないと揉めたりもします。

なので、第三者にも何に使ったのかわかるように、と思っての記録です。

できれば、これが無駄だったと言えるような相続であって欲しいですね。

私には関わりのない(相続権がない)相続なのに、嫁だからというだけで巻き込まれたくないです。

 

マンガ もめる前に備えたい 残念な相続 (日本経済新聞出版)

新品価格
¥1,359から
(2021/5/23 14:29時点)

私の記録の付け方

記録自体はシンプルです。

1か月間、義母に差し入れしたり頼まれて購入したもののお金を立て替えて、月ごとに立替分を

義母の口座から家計に戻し入れします。

購入したもののレシートはすべて、番号をつけてノートに貼り付けています。

ネットで注文したものも領収書や内訳を印刷して残します。

別のノートには家計簿のように、日付、支払先、内訳、金額を記入し、こちらにもレシートと同じ

番号をつけて探しやすいようにしています。

1か月で1ページ、立替払いだけで小計を出し、その下には施設の引き落とし分も記入し小計を出します。

引き落とし分も明細があるので、こちらにも番号を記入します。

そして、1か月の支払い合計を記入して終了。

ひと月の支払いはだいたい 20万円前後です。

 

気を付けているのは、記録は必ず消せないペンで記入すること。

改ざんをしていないことの証明ですね。

通帳と2冊のノートを見れば、すべて義母のために使っていることがわかるはずです。

レシートは、本当は糊で添付したほうがいいのでしょうが、面倒になって続かないのは困るので、

簡単にテープでペタペタ貼り付けています。

義母への差し入れと紙類の発注

義母がいる施設は車で30分と近くなので、私は毎週差し入れを持って訪問しています。

その時に必要なものを聞いて用意したり、紙オムツや尿取りパッドの在庫を確認して注文していました。

ですが、新型コロナウイルス騒動で3月からは施設が面会禁止になり、自分の目で在庫確認ができなく

なりました。

またネットで注文、翌日配達してもらっていたのが、ウイルス騒動で配達までに1週間以上かかったりで、

早めに注文、多めに注文を繰り返していたら、義母の部屋の在庫がパンパンになったらしく、しばらく

注文をやめることになりました。

自分で在庫確認できないと難しいですね。

腐るものではないので無駄にはなりませんが、3月4月の立替払いは結構な金額になっていました。

反省。

面会はできませんが、今も毎週差し入れは持って行っています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント