義母のこだわり、ニットの風合い

ニット 介護

誰でも、小さなことでも、何かこだわることがあると思います。

年を取るとそういうこだわりも増えてくるようです。

義母もこだわりが多い人です。

その一つが、ニットの風合い。

ニットは必ずクリーニングで!

義母は衣装持ちな人でした。

同居する時にも、かなり処分してから来てもらいました。

それでもクローゼットには収まりきらないくらい。

介護施設に入る時には、さらに減らして持っていきましたが、ニットが好きなようで今も

結構な枚数を持っています。

そのニット、何があろうと絶対にクリーニングでしか洗いません。

義母いわく「家で洗うなんてもってのほか!」

ニットの風合いが悪くなるのが許せないそうです。

家で洗うと、絶対に風合いが悪くなる、だから家で洗ったらダメと言っています。

そんなに風合いが悪くなるなんてこと、ないんだけどなぁ。

ちなみに私は、何でも家で洗ってみる人です。

結構なんでも洗えるもんです。

クリーニング代も節約できるしね。

ジョイベック S プレミアム 洗濯洗剤 液体 500g ドライマーク用洗剤

新品価格
¥2,827から
(2020/7/12 10:41時点)

汚れ落ちより風合いが大事

例えば、少し食べこぼしをして汚してしまったら、その部分を水洗いしたりしますよね。

それさえも、許せない。風合いが悪くなるから。

なので、シーズン終わりに義母が「クリーニングに出して」と出してくるニットはどれも

胸元の食べこぼしの汚れと、袖口の汚れが半端ないです。

年をとるにつれて、食べこぼしの頻度も増えて、汚れが増えている感じ。

そんな状態でクリーニング屋さんに持ち込んでも、「これは落ちないと思いますよ」と

言われます。

私は「はい、本人がそれでもいいと言っているので」と、毎回返事します。

義母にとっては、汚れが落ちたかは大事ではなく、風合いが悪くなっていないことが

大事なようです。

ふんわりとしたいい風合いの、汚れシミだらけのニットを着るのです。

ええい、洗ってやるー!

そんなシミだらけの服を着ていると、私が言われるんですよねー

一度、内科受診の時にお医者さんから「なんでこんなセーターを着せてるの」と言われて。

私が聞きたいです、なんでそんなセーターを着るんだと。

なので、手洗いをさせてもらえない事、クリーニングでの話をしたところ、義母自身が

ニットの風合いへのこだわりをガンガン語りだし、いろいろと察してもらえました(笑)

 

で、今年のニットの洗濯。

もうがまんできない、洗ってやるー

正直言って、クリーニング代もバカになりません、枚数が多いから。

義母も年金では足りず、少しずつ貯蓄を崩しながらの生活です。

節約が必要なんです。

私の手間はかかりますが、かなり節約できますね。

よほどじゃない限り、汚れもきちんと落とせますし、風合いも悪くなるわけじゃない。

今のところ義母は気づいていない様子。

大丈夫、うまく洗うからね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント