久しぶりの受診付き添い

付き添い 介護

義母の入っている施設(介護付き高齢者向け住宅)では、月に2回内科の受診があります。

基本的に、受診の時には家族が付き添うことになっていますが、最近は都合がつかず、

付き添いに行けていませんでした。

久しぶりの受診付き添いです。

車椅子で通院しています

内科は施設の1階に併設されていて、一般の人も受診できるのですが、施設の敷地内に

入って来なくてはいけないため、ほぼその施設の専用になっています。

義母の部屋は2階。

今年の春くらいまでは、シルバーカーを押してえっちらおっちらと自分で歩いて内科まで

行っていたのですが、歩くのはしんどい、嫌だというので、最近は車椅子での通院です。

エレベーターがあるので、すぐなんですけどね。

ですが、ここしばらくはどうしても受診の日に都合がつかず、施設の方に送り迎えを

お願いする事が続きました。

義母はいいよいいよ、来なくても大丈夫!と言ってくれるのですが、施設のルールなので。

でも行って良かった。

祝日があったせいで、いつもと違う曜日の予約になっていて、本人がすっかり忘れていました。

ところで車椅子の運転って、けっこう難しいですね。

あちこちぶつけそうになる。

シルバーカー 幸和製作所 テイコブ テイコブワゴン DX PS-189 ワゴンタイプ アルミカー 介護用品 送料無料

価格:13,200円
(2020/7/22 12:16時点)
感想(40件)

付き添いの役目は隣でにこにこ

通院に付き添うと言っても、特に何かをする訳ではありません。

施設内での通院なので、診察券もなく、支払いもありません。

口座からまとめて引き落としなので。

でも、診察室には一緒に入ります。

義母のすぐ隣の椅子に座って、先生と義母の奇妙な会話をニコニコ聞いています(笑)

話を聞いてもらえる相手には機関銃のように話す義母と、それを巧みにかわす先生。

診察とは関係ない話がほとんどのような、毎回同じ話をしているような、なんとも言えない会話を、

先生は楽しそうに義母としてくれます。

時々私も巻き込まれつつ。

普通に街中で開業していたら、お年寄りのたまり場になりそうな先生です。

Hey ! Siri !

この間は、義母にSiriを使わせてみようと「Hey,Siriって言ってみて」とやっていました。

意味が理解できていない義母、「へ!い!し!り!」と区切って言うので反応せず。

先生が「Hey,Siri」と見本を見せると、今度は iPhoneに向かって「ヘイ、シリ」を繰り返し。

「ヘイ、シリ」『はい』「ヘイ、シリ」『はい』「ヘイ、シリ」『聞いていますよ』

先生、それが一体なんなのか、説明しないと義母には分からないと思います・・・

なんでこんな事をやっていたかというと、義母は年齢の割に発声がいいから、教えれば

使いこなせるんじゃないか、と思ったらしいです。

ボケ予防にはいいかもしれませんね。

あれだけ機関銃のように話すことができて、声を張ることもできるので、誤嚥の心配は

あまりなさそうとの事です。

おしゃべりするのも健康に役に立つようですよ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント