大学無償化の対象と要件について

学費 子育て

2020年4月から、大学無償化が始まります。

制度の正式な名称は「高等教育の修学支援新制度」です。

大学だけではなく、短期大学・高等専門学校・専門学校も対象となります。

詳しく内容を見ていきたいと思います。

高等教育の修学支援新制度

制度には大きく分けて2つの支援があります。

1.授業料等の減免(授業料と入学金の免除または減額)

2.給付型奨学金の支給の拡充

授業料等の減免

入学金と授業料の減免です。

大学2年次以降から支援を受ける人は、入学金の免除・減免は受けられません。

国公立大学で入学金が約28万円、授業料が年額約54万円。

私立大学だと入学金が約26万円、授業料が年額約70万円。

詳しい金額は、文部科学省「学びたい気持ちを応援します」の支援の金額をご参照ください。

給付型奨学金

2020年4月に進級・進学する学生から、給付奨学金の対象者が広がります。

給付型奨学金の対象となれば、大学・専門学校等の授業料・入学金も免除又は減額されます。

支給は日本学生支援機構(JASSO)からとなります。

日本学生支援機構の「進学資金シミュレーター」に給付奨学金シミュレーション機能が追加

されていますので、参考にしてください。

大学進学はお金がかかる!お金がない貧乏ママの進学資金調達奮闘記 (サンエイジ)

新品価格
¥300から
(2020/6/30 09:38時点)

支援の対象者は?

所得基準

住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生です。

住民税非課税世帯の年収は、約270万円までで満額の支援。

非課税に準ずる世帯の年収が、約300万円までで満額の2/3、約380万円までで満額の1/3の

支援です。本人の年齢によっても目安年収は異なります。

実際には多様な家族形態があり、基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。

日本学生支援機構の「進学資金シミュレーター」で大まかに調べることができます。

学業成績の要件

文部科学省の新制度の説明には「高等学校在学時の成績だけで否定的な判断をせず」と

ありますが、日本学生支援機構の給付型奨学金の学力基準によると、

1.高等学校等における全履修科目の評定平均値が、5段階評価で3.5以上であること

2.将来、社会で自立し、及び活躍する目標をもって、進学しようとする大学等における学修意欲を有すること

とあります。

明確な進路意識と強い学びの意欲が必要ですね。

大学生活にはお金がかかる!

授業料等の減免と給付型奨学金は、合わせて適用を受けることができます。

実際の大学生活には、入学金や授業料以外の諸費用や教科書代、生活費が多くかかります。

自宅外からの通学となると、生活費が大きな出費となります。

日本学生支援機構によると、学生の平均生活費は年間約110万円ということです。

教育資金を準備する場合、これらの生活費も合わせて考えて用意しなくてはなりません。

また、気を付けないといけないのは、奨学金が最初に振り込まれるのは入学してから。

入学前に振り込む入学金は、先に自己資金で用意しておく必要があります。

民間の給付型奨学金も検討しましょう

民間の奨学金の中にも、給付型奨学金はたくさんあります。

奨学金.Net 「返さなくていい給付型奨学金をくれる団体

我が家が受けているのもその一つで、世帯収入要件もかなり違っていました。

募集要件をよく確認して、申し込みを検討してみるといいかもしれません。

文部科学省 高等教育の修学支援新制度

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント