長男が逃げた話(その1)

家出 子育て

現在は解決済みで、さすがにもう落ち着いたなと思うので、書いてみます。

我が家の長男は大学で2回留年しています。

今年の春ようやく長い学生生活を終えて、社会人になりました。

3年生をなんと2回半繰り返しました。

昨年のコロナ禍に、そんな学生でも拾いあげてくださった企業には本当に感謝です。

一人暮らしの長男が家出

思い返せば、大学3年になったあたりから予兆はありました。

勉強が面白くない、ついていけない、文系に転部できないかな、なんてブツブツ言っていました。

ですが、私もオットも大学生活はそんなものだと軽く考えていました。

専門の授業が難しいのはわかっていたことだし、文系の科目が弱い長男には転部は現実的ではないし。

理系の方が就職には有利だからね、今年1年頑張れば研究室も決まるよと励ましていました。

ただ、長男には響いていないな、とは思っていました。

どんどんやる気をなくしているようだったし、一人暮らしでゲームばかりしている感じがしていました。

当然のように前期の成績はガタ落ちで、後期でかなり頑張らないと単位が取れないような状態に。

後からわかったのですが、前期の後半あたりから休みがちになっており、後期はほぼ欠席していました。

  

その頃オットは長男のSNSを見つけ、様子がおかしいのを知り、ちょくちょく長男に連絡をとっていました。

SNSを見たとは言わず、〇日には冬休みに入るし、車でそっちに迎えに行くよ~と連絡。

そして私たちが長男の部屋に着いた時には、すでに逃げた後でした。

部屋には置手紙と、携帯電話が残されていて、電話もLINEもできない状態。

SNSには家出を匂わせる発言をしていて、そこから何度も連絡を取ろうとしましたが、無視されました。

思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33(小学館新書)

新品価格
¥550から
(2021/11/9 21:43時点)

成人していると探してもらえない

すぐに警察に行き、捜索願いを出しました。

ですが、長男は成人していて、置手紙もあって本人の意思で家を出ている。

警察も届を受け付けてはくれますが、事件性がないので積極的に探してくれるわけではありません。

どの辺に行ったのか、ある程度絞ってもらえれば探せますけどね~と言われました。

それに、もし見つけても「ご家族が探していますよ、連絡をしてあげてください」と伝えるだけ、とのこと。

とにかく自分たちで探すしかありませんでした。

  

一人暮らしの生活費を入れるための口座は、そのまま持って行って使っているようでした。

私は入金をするために代理人カードを作って持っていて、残高確認だけできていました。

そのカードを持って窓口に行き、最新の出金はどこのATMで引き出されたものか調べてもらおうとしました。

が、本人が未成年なら保護者に教えられるが、成人しているので家族でも教えられない、と。

ここでも「本人が成人している」ことに阻まれてしまいました。

住民票は自宅のままでしばらく放置され、いつの間にか世帯分離されて見られなくなってしまっていました。

卒業後、就職をすれば家を出ていくだろう、独立するだろうとは思っていましたが、こんな形で家を出るとは。

見つけても連れ戻せない

家出から1週間ほどしてから、ある所からどの駅前にいたのかを突き止めました。

すぐに警察に連絡をしたところ、2時間ほどで「見つけました」と電話が。

場所さえ絞れば、さすが警察、早いです。

ですが、前述したように確認をして「探していますよ」と伝えるだけ。

本人の居場所も連絡先も、こちらには教えてもらえません。

当然のように連絡はなく、戻っても来ませんでした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント