スマホのデータ通信量を抑える工夫

携帯電話 暮らし

先月、ソフトバンクから auに乗り換えをしました。

料金プランが変わって、スマートフォンの使い方がかなり違うものになってきました。

もちろん、料金を安く抑えるためです。

データ通信量と料金プランを確認する

ソフトバンクでの契約はデータ通信量が50ギガあったので、データ通信量を全く気にしませんでした。

自宅ではWi-Fiにつないでいるし、外出先でSNSをしてもゲームをしても、だいたい4ギガくらい。

長男は50ギガを使い切ったりしていたようですけど。

でも、新しい契約は auの「新auピタットプランN」で、データ通信量で料金が変わります。

1ギガ以下で 1,980円、2~4ギガで 2,980円、4~7ギガで 4,480円。

過去半年のデータ通信量を調べてみたら、私と次男は4ギガ弱、オットは6ギガ、長男は30~50ギガ。

長男はデータ通信量上限なしプランにしたので、問題なし。

次男はとりあえず4ギガ以下になるように、YouTubeなどは自宅Wi-Fiを使うように注意しています。

あとは私とオットで、1ギガ以下になるように試してみることにしました。

1ギガ以下なんて無理じゃない?と思っていましたが、これが意外にサクサクできています。

細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2021 (LADY BIRD小学館実用シリーズ)

新品価格
¥550から
(2020/9/20 19:28時点)

モバイルデータ通信をオフ

データ通信量を一番抑えられるのは、モバイルデータ通信をオフにすることです。

モバイルデータ通信をオフにしても、電話はできるし、SMS(ショートメール)もできます。

そしてアプリを使いたい時だけオンにして、使い終わったらオフにすること。

これらはオットが試していて、もともと6ギガ使っていたので思い切って通信量を減らしているところ。

  

一方私は、モバイルデータ通信はオンにしていますが、外で使わないアプリのデータ通信をオフにしています。

(iPhoneではアプリごとに設定できるのですが、Androidでは個別に設定できるのかはわかりません)

私は自宅にいる時間が長いので、ほとんどWi-Fiでまかなえます。

データ通信を切っていても使えるアプリは意外に多いし、オフラインでできるゲームもありました。

以前はオットとはラインで連絡し合っていましたが、今はメッセージ(SMS)でやり取りしています。

 

1月はちょうど半月、auを利用しましたが、私は 0.15ギガでした。

これなら、1ギガ以下で過ごせそうです。

楽天マガジンも大活躍

今までは時間つぶしにゲームをしたり、ネットサーフィンしていました。

でも今は、楽天マガジンでダウンロードした雑誌をオフラインで読んでいます。

自宅のWi-Fiで雑誌をダウンロードし、モバイルデータ通信はオフにしておきます。

そうすれば、外出先でデータ通信を使うことなく雑誌を読むことができ、時間つぶしにはちょうどいい。

楽天マガジンは端末が5つまで利用できるので、オットと一緒に利用しています。

おすすめですよ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント