マイナンバーカードをスマートフォンで申請

マイナンバーカード 暮らし

ずっと先延ばしにしてきた、マイナンバーカードの申請。

免許証があるし、無くても不便は感じなかったのですが、マイナポイントも始まる事だし、

そろそろ作ろうかとオットと話し合って、家族全員で申請することにしました。

スマホと交付申請書があれば簡単です

マイナンバーカードの申請は、スマホから手続きすると簡単です。

必要なものは、

1.メールアドレス

2.個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行申請書(通知カードに付いていたはがきサイズの用紙)

3.申請用の自分の写真

以上です。

2の交付申請書にスマートフォンで申請できるQRコードがあるので、コードを読み取ります。

すると、自分専用の申請ページに入ることができます。

申請書IDが自動入力されるので、便利ですよ。

メールアドレスや名前を登録し、顔写真はスマホから直接アップロードします。

申請受付完了のメールを受け取って、申請は終了です。

その後、市役所から交付の通知書兼照会書が送られて来るまで待ちます。

私は2月初旬に申請をして、送られて来るまで1カ月半かかりました。

マイナンバー 目隠し カードケース 個人番号目隠し&スキミング防止のダブル・セキュリティ flux Card Guard Case

新品価格
¥1,210から
(2021/5/2 23:02時点)

マイナンバーカードの受け取り

私の住んでいる市では、マイナンバーカードの受け取りは完全予約制です。

事前に電話をして、日時を予約してから受け取りに行くことになります。

必要なものは、

1.個人番号カード受取申請書

2.個人番号カード交付通知書 兼 照会書

3.個人番号通知カード

4.公的な本人確認書類

5.暗証番号を2種類

印鑑は2の照会書に必要でしたが、自宅で押印しておけば受け取りには持っていかなくてもOKでした。

1~3を提出し、4で本人確認をしてから、暗証番号を登録します。

受け取りまで15分ほどで終わりました。

マイナポイントは対象のスマートフォンなら、自宅で予約できるようです。

自撮り写真で思い知らされる老い(涙)

今回、自分の顔を撮影して、老けたことにがっくりきています。

若い人たちと違って自撮りなんてしないから、自分の顔をこんなに大きく写すこともなかったし、

年齢と現実を思い知らされました・・・

ひどい顔だわ、と思いつつオットに見せたら、普通に撮れてるよってさ。

あぁ、これが他人が見ている私の顔なのね。

何度撮り直しても変わらないはずだわ。

そして、オットも何度も撮り直ししていました(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント