映画「コンテイジョン」がまるで新型コロナのよう

新型コロナウイルス 暮らし

2011年の米映画「コンテイジョン」を見ました。

マット・デイモン、ジュード・ロウ出演。

数年前に、本で読んでいました。ロビン・クック大好きなんです。

コンテイジョン?伝染 (ハヤカワ文庫NV)

中古価格
¥80から
(2021/5/2 23:12時点)

買い占め、デマ、パニック状態、暴動、ロックダウン。

この映画、まるで新型コロナウイルスを予言していたのか?!と言いたくなるようなストーリーです。

買い占めやパニック状態、特効薬のデマなど、現状を最悪のシナリオで進むとこうなるんだろうな、と

恐ろしくなります。

アメリカが舞台の映画なので、都市封鎖に軍が出動しているし、封鎖された都市では暴動が起きて

スーパーマーケットが襲われ、家々にも強盗が入る。

ウイルスの感染拡大の様子も怖いんですが、何よりもこのパニック状態が恐ろしい。

こういう非常時こそ、冷静に行動をしないといけないんだなと思います。

 

最初の感染者がどこから感染したか。

最後まで見るとわかります。

え、そんなところから!という感じ。

ウイルスは目に見えないので、こわいですね。

コンテイジョン (字幕版)

新品価格
¥1,528から
(2021/5/2 23:14時点)

「恐怖」は、ウイルスより早く感染する

これが「コンテイジョン」のキャッチコピーです。

映画ではパニックが起こり、暴動へと発展するのですが、日本で起きたマスクやトイレットペーパーの

買い占め騒動を見ると、このコピーがより身近に感じられます。

SNSは情報を得るのに便利ですが、デマや偽情報も数多く混じっているので、注意が必要ですね。

 

この映画、有料動画配信サービスの他、DVDやブルーレイがありますが、Amazonではレンタルが

あります。

199円でパソコンで見られますよ。

コンテイジョン(吹替版)

新品価格
¥299から
(2021/5/2 23:16時点)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント