今日の梅しごと。梅シロップ2021

梅シロップ 暮らし

この時期になると、気になって仕方がないのが、青梅。

私は保存食作りがすごく好きなのですが、特に梅は心を沸き立たせるものがあります(笑)

とにかく作るのが好き。

そして消費しない。

たまる一方でオットに怒られます。

きび砂糖で作る梅シロップ

昨年、家中を断捨離しまくった時に、パントリーから大量に保存びんが出てきました。

中身が入ったものも大量に、空のびんも大量に。

ガラスびんが好きなんです・・・

あまりにも貯め込み過ぎていたので、怒られつつ断捨離をし、しばらく作らないようにしていました。

が、先日ネットで「三温糖で漬けた梅シロップ」の記事を読んで、また作りたくなってしまいました。

今年は梅シロップ1つだけを作ることに。

きび砂糖 梅シロップ

私は三温糖ではなく、さとうきび糖で作りました。

今までは氷砂糖で透明なシロップしか作ったことがなかったので、なかなか新鮮。

思った以上に砂糖の量が多く、ちょっとびびってしまい、200gほど砂糖を減らしています。

計画としては、3か月後に梅の実を取り出し、シロップを冷蔵庫でさらに熟成させたいと思っています。

でもその前にオットに飲まれてしまいそう。

アデリア ガラス 保存容器 保存瓶 クリア 1L MCコンテナー 日本製 829

新品価格
¥2,574から
(2021/6/25 21:31時点)

20年ものの梅干しと梅酒

保存びんは大量に断捨離したあとだったので、今回の梅シロップを漬けるびんがありません。

仕方がないので、漬けたままほったらかしになっていた梅干しを取り出して、びんをあけました。

放置し過ぎて、20年ものの梅干しです。

梅干し

色はあまりよくありませんが、キュッと酸っぱい梅干しです。

これはジップロックに入れて、冷蔵庫保管になりました。

あと、オットにせがまれて、梅酒も大きな保存びんから小ぶりなびんに移し替えをしました。

梅酒

熟成しまくってこんな色になっています。

もともと氷砂糖で漬けたので、透明だったんですよ。

すごくいい香り。

もっと早く出せば良かった。

しょうがシロップも作りたい

久しぶりに梅シロップを作りましたが、やっぱり楽しい。

びんを増やさないように、そしてちゃんと消費をして、また作っていきたいな。

時間が経つごとにゆっくり熟成していく保存食って、わくわくしますね。

次はしょうがシロップかな~

ジンジャーエールの素の方がいいかな~

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント