シニア犬のケガと医療費

シニア犬 暮らし

我が家にはシニア犬がいます。

子犬の頃からすごく活発な子で、大人になっても元気いっぱいです。(落ち着きがないとも言う)

それでも寄る年波には勝てないのか、最近は耳も遠くなり、日中も眠っていることが増えてきました。

幸いにも病気もせず、ここまで来ましたが。

左前足が痛い?関節か?!

つい先日の週末のこと。

夜にフードの用意をしていると、前足をかばう不自然な歩き方で近づいてきました。

夕方の散歩ではなんともなかったのに。

直前まで横向きになって眠っていたから、足が痺れたのかしら、なんてのんきに考えていました。

ですが、翌日になっても変わらず、むしろより一層痛そうに左前足をかばうようになりました。

とげでも刺さったのかと調べましたし、怪我をしていないかも見ましたが、見た目では何もない。

そのうち、立ち上がるのにも痛みが走るようで、起き上がる時にもキャン!と鳴いたり。

オットは、関節を痛めたみたいだ、亜脱臼かもしれない、手術になるかもとピリピリ。

週明けを待って、かかりつけの獣医に連れて行きました。

ちなみに、うちの子は獣医さん大好きっ子。

いつも獣医さん看護師さんを見ると大興奮で、落ち着かせるのが大変です。

この時も、あの痛がっていた足はどこにいった?!というくらい喜んでジタバタ。

どんな風に痛がっていたか、足をかばっていた様子を必死で説明する私。

なんだか私が神経質で大騒ぎする飼い主みたいじゃない(泣

犬もよろこぶシニア犬生活: 心や体の変化にあわせた老犬とのコミュニケーションがわかる

新品価格
¥1,430から
(2021/10/4 22:24時点)

レントゲン撮影の結果

それでも先生が調べ始めると、左前足を触られるのを嫌がり、体重をかけようとはしませんでした。

犬は人間のように「ここ」が痛い、と言ってくれないので、痛みの場所が正確にわからない。

というわけで、レントゲン撮影。

結果、骨や関節にはまったく異常はありませんでした。ちょっと安心。

どうやら捻挫や打ち身のような、骨や関節以外の筋肉の痛みだろうということでした。

その日はお尻に2本注射を打たれて帰宅。

翌日再度受診して、薬が合っているか確認し、飲み薬を処方されました。

今のところ、薬が効いているようで元気にしています。

まだ治ったわけではないので、悪化しないよう大人しくさせておかないといけませんが。

入院や手術だなんてことにならず、ホッとしました。

問題は、なぜそうなったのか原因がまったく思い当たらないこと。

捻ってしまったのか、ずっこけてくじいてしまったのか。

人間と同じで、犬も年を取ったら歩くのも気を付けてあげないといけませんね。

2日間の診察料は、

さて、2日間の診察料は。

1日目は診察とレントゲン検査、注射、目ヤニが出て気になっていたので目薬も処方してもらいました。

14,600円。

2日目は診察と飲み薬の処方。

6,600円。

健康保険がなくて実費で支払う医療費って、高いですね~

できる限り健康で長生きして欲しいものです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント