膀胱と尿道に結石が見つかりました

動物病院 暮らし

我が家のシニア犬のお話です。

前回、左前足の痛みで診察を受けてから、10日ほどたった頃の深夜。

排泄しようとしても、ほとんど出ない状態になりました。

おしっこがポタポタとしか出ず、息も荒く苦しそう。

膀胱と尿道に石があった

朝になるのを待って、動物病院へ。

尿検査・血液検査で炎症を起こしていることが分かったので、点滴をしてもらい、その日は帰宅。

翌日もう一度受診して、レントゲン検査をしました。

そこで分かったのが、膀胱と尿道の結石です。

膀胱に一つ、尿道には3つの石が詰まっていました。

ただ、ポタポタとですが尿は出ていて、腎臓には影響が出ていないのが救いだと言われました。

これが完全に詰まってしまうと、一気に腎臓が悪くなってしまうとのこと。

まずは膀胱と尿道の炎症を薬で抑えて、腫れあがった尿道をもとの状態に戻すことになりました。

計画としては、尿道がもとの柔らかい状態になれば、石を膀胱に押し戻せます。

膀胱に戻ったら石を手術で切開して取り出すとのことでした。

尿道は細くて切開してしまうと、治る時に傷口が厚くなり、術後に尿道が細くなってしまうらしい。

先生はできる限り尿道は切開せず、膀胱側から取り出したいということでした。

スプーン1杯からはじめる 犬の手づくり健康食

新品価格
¥1,540から
(2021/10/19 01:03時点)

カテーテルがすぐに抜けてしまう

その日から手術に向けての投薬が始まりました。

尿が膀胱に溜まってなかなか出ないので、カテーテルを石の近くまで入れて出やすくしました。

常時おしっこが出ている状態になるので、ペットシーツを巻いてガムテープ止めの簡易オムツに。

市販のマナーベルトでは大量の尿のため間に合わず、先生の勧めでペットシーツ巻きです。

パンパンに溜まっていたのが排泄されて、ワンコもかなり楽になったようでした。

血尿が出ていたのも、薬が効いたのか見た目ではわからないくらいになりました。

  

が、深夜になってカテーテルが抜けてしまいました。

翌朝、またカテーテルを入れてもらいに病院へ行きました。

気持ち悪くて抜いちゃったのかな~なんて言っていたのですが、数時間後にまた抜けて。

なんてこった。

先生に電話をして、このままオムツだけで様子を見ることになりました。

もうだいぶ溜まっていたのは排泄されているし、ポタポタとですが尿は出ているし。

おしっこが止まってしまった!

少しずつですが食欲も戻ってきました。

結石の痛みもあるだろうし、膀胱で圧迫されてもいただろうし、ほとんど食べていなかったので。

そんな感じで薬を飲ませ、オムツを変えてと過ごしていましたが、4日目の深夜のこと。

突然、おしっこが止まってしまいました。

今度はまったく何も出なくなりました。

息が荒くなり、苦しそうで眠れない様子。

続きます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント