貸株サービスを申し込んでみました

貸株 投資

以前から気になっていた「貸株」。

どんなものかわからず調べてもいませんでしたが、ようやく貸株サービスに申し込んでみました。

貸株サービスとは

貸株とは、投資家が保有している株を証券会社に貸し出して、銘柄に応じた貸株金利を受け取る

サービスの事です。

貸し出ししている株もそのまま売ることができるし、配当金も配当金相当額が振り込まれます。

株主優待がある場合、優待を受け取ることもできます。

申し込みも簡単。

デメリットとしては、貸株サービスを利用中の証券会社が倒産した場合、投資者保護基金による保護対象に

なっていないため、貸した株は戻ってこないことです。

NISA口座の株も貸し出しできません。

  

ほとんどの株は貸し出し金利が 0.1~0.2%です。

ですが、調べてみると私の保有する銘柄の中に1つだけ、金利が4%のものがありました。

かなり値下がりしていて、配当も少なく塩漬けで持て余している銘柄。

なのでそれを貸し出すことにしました。


一気に全部貸し出し済み

申し込みをしたのが夕方だったので、貸株サービス開始が翌営業日からでした。

開始してから貸株のページを見に行って、びっくり。

私のイメージは、貸し出したい銘柄だけをこちらで選んで貸し出しをする、というものでしたが、

実際は、申し込みをして開始と同時に、保有している全ての銘柄が貸し出しされていました。

申し込み後にどういう状態になるか、どこにも書かれていなかったし。

なので銘柄ごとに一つ一つ、貸し出しするかしないかを変更しました。

結局貸し出しするのは貸株金利が4%の銘柄だけ、あとは全て貸し出しをやめておきました。

さてさてどうなるのか、楽しみが増えました。

空売りに利用される株

今回、いろいろと調べてみて勉強になりました。

4%もつくなんてラッキー♪と思っていましたが、貸株金利が高い銘柄は値動きも大きく、株価も

値下がり傾向にあることが多いそうです。

株を借りた投資家は、それを空売りに利用するため。

つまり、空売りしたい投資家が多い、売りの傾向が強い銘柄だということらしい。

あぁ、気持ちがわかります。

私も売りたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント