家計予算の見直し

家計簿 家計簿

2020年の家計簿をスタートして1ヶ月。

特別支出の書き出しもできたので、予算の見直しをしています。

どんぶり勘定からの脱出

今年から家計簿を「袋分け家計簿」にしてみたのですが、これがなかなか良い!

とにかく入力するたびに予算と残高が目に入るので、常にあとどれだけ使えるのかを

意識していられます。

このアプリだと実際に袋分けしなくても、各費目の残高がわかるのがいいですね。

家計簿アプリを変えてみた
今年に入ってから家計簿アプリを袋分けタイプに変えてみました。その使い心地などを。袋分け家計簿使い始めたのは、「袋分け家計簿」です。各項目ごとに予算を決めておき、支出を入力するごとに残高がわかるようになっている家計簿です。今まで...

1ヶ月家計簿をつけてみて、予算の配分を見直しする必要が出てきました。

もともと予算をたてる習慣がなく、だいたいのお金の流れと特別支出だけを管理して、

長年家計を維持してきました。

気を付けていたのは、とにかく特別支出で慌てないこと。

子どもの学費、車の買い換え、自動車税に自動車保険、住宅ローンのボーナス払い分や

固定資産税など、そういった大きな出費に対応できるように準備しておけば、あとはざっくり

どんぶり勘定でもやってくることができました。

忙しくて家計簿をつけていられない人は、これだけでもなんとかなります。

ですが、子どもが大学生、社会人になり、生活が今までとはずいぶん変化し、毎月の支出も

かなり変わりました。

以前の認識のどんぶり勘定では対応しきれていないことが、家計簿をみてわかりました。

というわけで、予算の見直しです。

お金が貯まる家計の仕組み

新品価格
¥1,089から
(2020/9/16 12:33時点)

家計の状態を正確に把握する!

(収入)-(固定支出)-(先取り貯蓄)=(やりくり費)なのですが、袋分け家計簿で

予算を設定しているのは、やりくり費の部分だけ。

それもどんぶり勘定で、これくらいかな~という設定でした。

つまり、正しいやりくり費がいくらなのか、把握していなかったということです。

肌感覚でなんとなくわかっていたんですけど、生活が変化してこれでは確実に赤字。

以前、特別支出の「オットの定期代を月々積み立ててまかなう」と書いていましたが、

とてもじゃないけど無理だということもわかりました。

こんなことになっていたなんて。

こんな状態でもギリギリなんとかなっていたのは、住宅ローンが長男の大学受験前に

終了していたからだと思います。

あとは義母が施設に入所して、義母にかかる生活費は義母の年金でまかなうようになった

からでしょう。

どうりで貯蓄が増えないはずだわ。

先取り貯蓄といっても、いずれ買い替える車のための取り置きなので、貯蓄とは言えない

状態です。

コレハマジデ、ヤバインジャナイノー(汗

特別支出に関するあれこれ
今年の特別支出をどうするか、あれこれ考えています。結構金額が大きくて、ですね。どこから用意するか。特別支出をどこから用意するのか一番金額が大きいのは、長男に関する出費です。一人暮らしの仕送りもなかなかお金がかかっていましたが、帰って...

ゆるんだ家計を引き締めるために

今まで目をそらしてきた部分を涙目で把握したところで、予算の立て直し。

昨年の家計簿集計も見ながら。

やりくり費はだいたい 17万円です。

そのうち、食費が7~8万円。

サプリメントも食費に含めていますが、外食は別で2万円。

ガソリン代が車2台で2万円。息子たちにかかるお金が4万円。

こうなると、いかに食費と外食費を抑えるか、日用品費を抑えるか。

あぁ、めまいがしてきたよー

夏に食費がはね上がる対策も考えなくては・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント