ペット(犬)にかかる費用

ペット 家計簿

先日、ある記事で「ペット(犬)を飼うのに必要な年間の金額は48万円」というのを読みました。

我が家で昨年かかった犬関連の費用は、15万円少々。

それでも多いと思ったのに。

最低限かかる犬関連の費用

犬を飼うと、必ずかかる費用があります。

犬の飼い主は、住んでいる自治体に飼い犬の登録をすることと、毎年狂犬病の注射を受けさせることが

義務付けられています。

犬の登録料は初回1回のみで、3,000円。

狂犬病注射は毎年で、金額は自治体によって少し違いはありますが、だいたい3,000円前後です。

それから毎年フィラリア予防の薬を飲ませる必要があり、薬代が年間1万円前後。

その他、混合注射が年1回、だいたい1万円前後。

そして、フード代とペットシーツ代。

これらが最低限、必ずかかる費用です。

これ以外は、飼い主がどういう風にその犬を飼うかによって、金額が変わってきます。

【Amazon.co.jp限定】 ソルビダ(SOLVIDA) グレインフリー ドッグフード 室内飼育7歳以上用 チキン シニア犬用 2kg

新品価格
¥4,840から
(2020/10/17 21:26時点)

オプションでかかるお金

上記以外でお金がかかるのは、トリミング代です。

カットやシャンプーで1回に数千円かかりますし、爪切りや耳掃除などもあり、オプションがつけば当然

値段は上がります。

我が家ではシャンプーもカットも自分たちでやっています。

爪切りも耳掃除も。

なので、かかるのはシャンプー代だけです。

ペット保険に入れば保険料、病気やけがをすれば医療費がかかります。

我が家の犬はペット保険には入っていないので、医療費はまるごとかかりますが、今まで病気は特になし。

ただ、前に飼っていた犬は10歳を過ぎて甲状腺機能低下症になり、毎月1万円の薬代がかかりましたし、

目も病気になったので毎週通院&投薬で、かなり医療費がかかりました。

保険をかけるかどうかは、飼い主次第ですね。

しつけやトレーニングを受けたりするのも、犬の性格や育て方次第です。

我が家ではこのオプション部分は、ほとんどかかっていません。

ペットフードを考える

一昨年まで食べさせていたドッグフードを、昨年は別のナチュラルフードに変えてみました。

フードの値段は倍近く。

一昨年のペット関連費用は7万円弱だったのが、昨年は15万円になりました。

できるだけいいものを食べさせてあげたいとの考えでしたが、もうシニア犬だし食べにくそうなので、

今年はまた違うシニア犬用のフードに変更しました。

少し価格は下がるので、昨年よりは費用を抑えられるかなぁ。

あとはとにかく健康に過ごせるよう、気を付けていきたいと思っています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント