2020年の家計簿の総括、削減効果あり。

家計管理 家計簿

2月になって、ようやく12月の家計簿を締めました。

年末年始にだらけてしまって、家計簿関係やる気なし。

ずっと放置しておりました。

こういう時期が度々ありますが、通常営業です(笑)

12月は食費がえらいことに

12月は年末年始にできるだけ買い物に出かけたくなかったので、早くから買いだめをしていました。

そろそろまた緊急事態宣言が出そうだったし、結局12月には出なかったけど、それに備えていました。

前回の宣言時みたいにパニック状態になりたくなかったので。

結果として、12月の食費がえらいことになってしまいました。

おせちはふるさと納税の返礼品にしたから、全く作っていないのに。

初めてのふるさと納税
今まで、ふるさと納税をしたことはありませんでした。でも、今年はオットが急に「やりたい!」と言い出して。2か所選んで、初めてのふるさと納税をしました。返礼品はおせち料理で今までしたことがなかったのは、ただ単に面倒だっただけです。納税...

昨年の食費はだいたい月に9万円くらいになっていました。

普段は8万円前後で、4月の緊急事態宣言の時には10万円かかっていて、平均して9万円ほど。

それが12月は13万8千円!

いったい何を買ったんだ?!と明細を見直しましたが、特に大きな買い物はしていませんでした。

ただ、買い物の回数がネットショッピングを含めて多かったのと、1回1回が少しずつ量が多かった。

お米も余裕を持って買い込んでいたし、食材も日持ちがするものを多めに買っていました。

多少は増加すると思っていましたが、こんなに増えてしまうとは。

反省。

お金が貯まる!世帯年収500万円から始める共働き夫婦の超効率家計簿【電子書籍】[ 福島えみ子 ]

価格:1,584円
(2021/2/6 13:27時点)

2020年、総集計できました

12月分の集計ができたので、2020年の集計も出来上がりました。

2019年と比べてみると、ずいぶんと削減できていたことがわかりました。

総支出で80万円ほど減っていました。

固定支出では、新聞購読(月3700円)をやめたことと給湯器のローン(6200円)が終わったので微減。

また携帯電話の乗り換えで安くなった(月6000円ほど)ことで、固定支出全体で13万円ほど下がりました。

コロナ関係で水道料金が安くなっていたのもありますね。

やりくり費はとにかく食費を抑えることと、外食費を抑えることを考えて節約。

食費はがんばった気持ちとは反対に、昨年とほぼ変わらず・・・なんてこった。

その代わりに外食費はマイナス10万円。

それからお出かけをしなかった1年なので、車関係の出費が20万円減っていました。

オットがとにかくお出かけ好きなので、ガソリン代と高速代がすごいんだなと実感。

長男も就活が自宅でオンライン就活だったので、出かけることも少なく、出費が少なかったです。

そんなこんなで80万円削減。

やっぱりお出かけしないのが一番支出を抑えられますね。

おそらく今年もまだ出かけられない年になりそうなので、このまましっかり貯蓄しようと思います。

今年は食費ももう少し抑えます

毎月の食費を抑えるのって、難しい。

大人4人、内男性3人の食費ってけっこうかかります。

息子たちは食べ盛りを過ぎたとはいえ、かなり食べるし、次男はお弁当も持っていきますから。

12月の食費を教訓に、買い物の回数を少し減らして、1回の金額も少し抑えめになるようにしないとですね。

冷蔵庫・冷凍庫の整理もしようっと。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント