家計簿1月2月を締めました(やっと)

家計簿 家計簿

大阪では感染者数が1,000人を超えましたね。

コロナが落ち着いたら、実家に母の顔を見に行きたいし、ちょっと遠出の買い物にも行きたいと思ってたのに。

なかなか行けそうにありません。

また緊急事態宣言が出るのかしら。

相変わらず放置気味の家計簿

今年に入ってからなんだか気が抜けてしまって、家計簿はかなり放置気味でした。

めんどくさがりなので、ちょいちょいほったらかしにしてしまいます。

なんとかレシートは家計簿アプリに入力していますが、集計はせずに気がついたら4月。

このままではいかん!と、あわてて1月2月の集計をしていました。

 

2020年の同月に比べて、収入は3万円下がっています。

これはコロナの関係ではなく、もともと定年退職前の予定されていたもので、来年はさらに下がります。

どういう制度なのか私にはわかりませんが、まぁ仕方がない。

支出は外出が減っている分、レジャー費や外食費が下がりました。

昨年の1~2月はまだコロナで大騒ぎはしていなかったかな、外食にも結構出ていましたから。

逆に、外食以外の食費は増えています。

オットもほぼ在宅勤務だし、休日も外食に出かけないで自宅で食べるし、これは仕方がありません。

公共料金や保険料、携帯料金などの引き落とし額は、昨年同月よりも1.5~2万円下がりました。

食費や日用品費などのやりくり費は、2万円ほど下がっています。

1年で100万円貯められる ゆる貯め家計(リベラル文庫)

新品価格
¥935から
(2021/4/13 21:48時点)

貯蓄をもっと増やしたい!

全体的には、収入が減った分くらいは支出も減っている感じ。

なので貯蓄ペースは昨年と特に変わらず。

本当はもっとぐっと抑えて、しっかり貯めたいんですけどね。

オットの定年退職が、目の前に迫って来ているから。

やばーい、貯金が増えなーい。

 

でも、今月からは長男も就職したことだし、息子たちにもぼちぼち負担してもらうことになっています。

まずは自分たちの小遣いと携帯料金は、自分で支払いしてもらいます。

今はまだオットのカードで取りまとめて引き落とされるので、毎月徴収です。

家計にも生活費を入れてもらうことにしています。

と言いつつ、オットの定年退職までは、入れてもらった分は子どもの口座に貯蓄になるんですけどね。

それでも携帯料金と小遣い分が貯蓄できれば、ペースアップできるはず。

貯蓄、がんばります!

スマホと連携はしたくないのです

貯蓄用の口座には、住信SBIネット銀行を利用しています。

預金額がアップすると、ATM利用手数料の無料回数が増えるし、他行あて振込手数料も無料回数がアップ。

なかなか便利に使っていましたが、これがちょっと改悪されてしまいました。

スマホのアプリと連携しないと、ランクが一番下まで下がり、無料回数が1回ずつになってしまいます。

オットの口座も子どもの口座も私が管理しているので、それぞれのスマホに連携すると、すごく使いにくい!

なのでオットと子どもの口座は連携せずに、無料回数が少なくなっても仕方ないかな、という状態です。

本人がいない時に、振り込みの処理ができなくなってしまうから。

最近は、なんでもスマホで、アプリで、と面倒ですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント