私の家計簿の付け方

家計簿 家計簿

最近の買い物は、24時間営業のスーパーに夜遅くに行くことが増えました。

遅い時間だと人がすごく少なくて、いいですね。

ただ、売り切れのものが多いのが難点です。

それでも人との接触が少なくて済むし、こんな状況でも時短営業にせず頑張ってくれているのは

とてもありがたいです。

家計簿をつける目的

家計簿をつける場合、ある程度つける目標を持った方がいいと思います。

例えば、何にいくら使ったのかを知りたいとか、どれだけ貯蓄できるか・どこを削れるか考えるとか。

私が家計簿をつけるのは、分析するためです。

1.費目ごとに、いつ頃、いくら使ったのか。

2.月に、年に、どれだけ使うのか。

3.特別支出はいつ、いくら必要なのか。

だいたいこの3つを知るためにつけています。

毎日はつけていません。ズボラなので。つけるのは週に1回くらいでしょうか。

若い頃は市販の家計簿で、細かく費目を分けてつけていましたが、今は知りたい項目に絞って

アプリでつけています。

食費、外食、日用品、ペット、医療費、衣服美容、車・交通費、レジャー、この8つが知りたい費目。

公共料金や携帯電話、小遣いなどは月間の集計表に載せています。

分析するので、集計がとても大事。

手書きの家計簿だと集計が大変なので、アプリにしています。

ただ、見返しやすくて節約効果があるのは手書きですね。

集計が楽になる方法があるなら、手書き家計簿にしたいところです。

暮らし上手の家計簿2021 (エイムック 4699)

新品価格
¥1,330から
(2021/5/7 11:30時点)

毎日の残高合わせはしません

若い頃は、家計簿上の残高と財布の中の金額をきっちり合わせていました。

帳簿のように、支出のすべてを記入して、計算が間違っていなければ残高は合うはずです。

でもレシートがないものを忘れていたり、計算間違いをしたり、合わない数円を探してイライラ。

その頃は、家計簿をつけることそのものが目的だったので、合わせるべきだと思っていました。

 

でも、1年間つけて集計をしてみて、毎月の費目ごとの支出額はそんなに大きく変わらないし、

特別支出がだいたいわかったら、そんなに細かくつける必要はないとわかりました。

それ以後は、残高合わせは厳密にはしなくなりました。多少違っていてもOK。

今は全くしていません。

毎月の支出の変化を「ざっくりと」知るためにつけています。

食費も内訳はなくて「食費」で全部まとめています。

自分が知りたいところだけ、つければいいと思っています。

それにざっくりと支出傾向がわかったら、あまりつける必要もないと思います。

特別支出は資料を残す

特別支出って、年に数回だったり数年に1回だったり、「あれ、前はどうだったっけ?」となりやすい。

なので、できるだけ資料やコピーを残すようにしています。

オットがよく「前の時はどうだった?」と聞いてくるのが始まりでした。

車を買った時、前の車の下取りはいくらだった?とか(3年以上前の事は覚えていない!)、

○○を修理した時は?□□の見積もりを取った時はいくら?とか。

終わったらきっと忘れるだろうと思うことは、資料を残しています。

邪魔になりそうなら、写真を撮ってクラウドに残しておくのがおすすめです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント