今頃になって特別支出を確認

特別支出 家計簿

5月ももう後半になりました。

早々と梅雨入りもしましたし。

そんな中、ようやく今年の特別支出を確認する私。

なんてズボラー(笑)

特別支出、年の前半は盛りだくさん

毎年のことなので、どれくらい必要なのかなんとなく把握している、というのもあります。

我が家の特別支出の大半は、一年の前半に集中していて、特に3~6月が多いです。

5月に細かいのがポツポツとやってきて、さすがにきちんと確認しないと、と重い腰をあげました。

   

1月には次男が乗る車の自動車保険の支払いがありますが、その分は次男に負担してもらっています。

昨年は19万超でしたが、今年は13万弱でした。

次男が21歳になったので、少し金額が下がりました。

3月までは長男の定期券代が8万円ほどかかりましたが、それは奨学金の残りで間に合わせました。

あとは固定資産税の分割払い分と、NHK受信料、オットの通勤定期代で、毎年なので把握済み。

今年のイレギュラーは、車検代でした。

あちこち見積もりをとって、ビッグモーターにお願いしました。

費用は2万数千円。

ゆるっとお金と暮らしを整える本

新品価格
¥1,540から
(2021/5/22 16:03時点)

特別支出、年の後半はほとんどなし!

4月にはもう1台の車の自動車保険の更新があり、こちらは家計からの支払いで9万円弱。

これは私たち夫婦だけしか運転できない年齢設定なので、長男も運転するなら、追加支払いすると思います。

あとは6月まで固定資産税の分割分、地震保険料、自治会費、墓地の管理料など、細かい支払いがあります。

ですが、これを過ぎると特別支出はすごく少なくなります。

固定資産税の分割残りとオットの定期券代くらい。

(固定資産税はうちの自治体では一括支払いできないのです。引き落としだけど面倒くさい・・・)

長男の通学定期券代がなくなったのは、大きいですね。

やっといくらか貯蓄にまわせる分ができそうです。

やっぱり子どもが学生のうちは大変ですね。

  

結婚したばかりの頃は、日々のやりくりの他に突然やって来る大きな支払いに、ひやひやしたものでした。

翌年からは前年の記録をもとに、一覧表を作ってお金を準備するようにしました。

普段の家計が安定しているなら、特別支出の管理をきちんとすれば、家計簿は必要ないくらいだと思います。

それくらい特別支出の管理は大事ですね。

ラストスパート、がんばります

さて、子どもたち二人とも就職をしたので、老後に向けてがっつりと貯蓄したいところです。

が、オットの定年退職まで、あと1年。

時間がないじゃない!!

ヤバい。

ヤバすぎる。

いくらまで増やせるだろう。

宝くじ、当たらないかなー

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント