どんぶり勘定、脱出?

家計簿 家計簿

今、読んでいる本は「正しい家計管理 」。

本当は先に「老後のお金 」を買っていたのですが、家計管理ができていないのだから、

老後のは後にして、と思った次第。

(でも帯に書いてある「50代では遅すぎる。」という言葉がぞわぞわさせる・・・)

収支実績表で挫折

ずいぶん前に買った本ですが、一年間の収支をまとめる、というところで停止していました。

家計簿はざっくりながら長年にわたりつけていたけれど、手元の現金収支だけ。

口座引き落としやクレジットカードでの支払いは、いろんな費目が混ざっているので、

どう記入していいかよくわからず、管理はしていたけれど集計はしていませんでした。

それをなんとか費目分けをして集計し、ようやく2018年の集計表ができました。

で、出費の多さに倒れそうになりました。

ザ・どんぶり勘定。

特別支出の管理で乗り切る

私がやってきた「どんぶり勘定」は、特別支出を管理するだけ、というものです。

自動車税や保険、固定資産税、住宅ローンのボーナス払いなど、わかっている大きめの支出を

月々積み立てて用意していました。

子どもが高校や大学に入学したら、1年間の学費を記録して、残りの学費はボーナスなどを

利用してすべて取り分けて、年度ごとに分けて保管していました。

これらは、とにかく忘れっぽい私の頭への対策です。

支払う時になって、慌ててかき集めるなんてことがないようにしていました。

あとに残った分で生活していれば、とりあえずなんとかなる感じでしょうか。

正しい家計管理 将来への不安が消える、自動的にお金が貯まる [ 林總 ]

価格:1,430円
(2020/6/23 13:05時点)

次は、財産目録作り

これも、悲しいほど目減りしていました・・・

子どもが3歳違いなので、大学進学と高校進学が重なった年に、ごっそり減っています。

そこから、あまりリカバリーできていない状態です。

預金を引き出す時に、子どものダブル進学で預金がすっからかんです~、と言うと、

窓口の方に「自己資金で全部まかなえるのはすごいですよ」と言ってもらえたのだけは

かすかな気休めでしょうか。

でも財産目録を作るのは、良かったと思いました。

どこにどういう資金があるのか、はっきりと目に見える形にすることは、出費と同じく

現実を見せつけられて怖いですけども。

予算立てからがすすまない!

だいたい、予算を立ててそれを守る、なんてものすごく苦手。

予算を守れないストレスも嫌で、ほとんどしたことがありませんでした。

支出の管理や家計簿つけよりも、嫌い。

でも。

ふくらんだ支出を抑えるには、やるべきなんでしょうね。

家計簿は過去の支出管理で、予算は未来の支出管理、ということです。

もう、9月も半ばを過ぎたところですが、なんとか10月に間に合うように予算立てをして

みようと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント