口座維持手数料が導入される前に

口座管理 預金

しばらく前から口座を解約しようとゴニョゴニョしていた、新生銀行。

ようやく決着がつきました。

口座解約できない!そしてまださらに続く。
しばらく前からゴニョニョしている、新生銀行。まだ、ゴニョニョしてます。ただし、かなり終着点は見えてきました。まずは残高をゼロにしないといけない何を困っていたかと言うと。ネットでの普通預金解約の場合、残高が残っていても、口座解約を...

新生銀行の普通預金の解約手続き

妙に使いにくいオンラインサイトのせいで、ほったらかしになっていた口座を解約するため

しばらく前から手続きをしようとしていました。

普通、他行の口座なら「普通預金口座の解約」を選び、残高と解約利息を振り込む口座を

指定すれば解約できます。

でも、新生銀行の場合はまず、「1.普通預金口座の残高を0円にして」、

次に「2.普通預金口座に利息が入ってこないことを確認して」、

それから「3.口座解約手続きフォームに入力し」、

「4.受け取ったメールにあるアドレスから解約手続きを行う」ことをしなくてはいけません。

この4の手続きから、解約手続き完了のお知らせメールが届くまで、約1週間。

実にめんどくさかったです。


年間1,200円もかかるかも

オットの口座は残高が千円以下だったため、休眠口座になっていて残高を引き出すために、

口座の復活手続きも必要でした。

最近、銀行が口座維持手数料を導入するかも、と話題になっています。

今はまだ使っていない口座は休眠口座になるだけですが、それでも復活の手続きは面倒な

作業です。

三菱UFJ銀行の場合だと、2年間取引がない口座には年間1200円程度の維持手数料を

導入する検討をしていると発表されました。

この機会に、使っていない口座がないか調べて、不要な口座は解約して取りまとめて

おいた方がいいと思います。

投資は逆に手数料が無料になってくる

こうした銀行の手数料導入の流れとは逆に、証券会社の方では手数料を下げる方向に

向かっています。

SBI証券や楽天証券では、12月16日から投資信託の買付手数料が無料になります。

他のネット証券でも同じような流れになってきています。

投資を始めるのには、いい機会かもしれませんね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ
にほんブログ村

コメント